算定基準の問題

算定基準交通事故の被害から、どの程度の慰謝料を請求できるのかは、算定基準と呼ばれるものがあります。保険会社各社が持っていますが、これまでの経験や判例といったところから割り出されている資料です。できるだけ多くの慰謝料を払ってもらわなければ気が済まないとしても、保険会社は算定基準からは離れず、沿った金額までしか払いたくはないと交渉することになるでしょう。ところが、この算定基準には、もうひとつ弁護士の基準が存在します。過去の判例からも割り出されるものですが、弁護士を通して交渉する場合には、こちらを使って進めていくことになります。最低限押さえられた保険会社の算定基準ではなく、依頼者の利益を最大化させるための基準での交渉となるといえるでしょう。

慰謝料というものは、多くもらえればいいというわけではありません。受けた損害に対して、しっかりとした保証をしてもらうというだけのことです。これが最低基準にされる理由はないでしょう。保険会社の都合の部分となってきますが、専門家でもなければ交渉はうまくいきません。相手は保険に関するプロなのですから、こちらも交渉のプロを要していかなければ、太刀打ちもできなくなってしまうからです。

Pocket