難航しやすい慰謝料

交通事故において、物損は目に見えるものに対する損害ですので、ある意味で判断がしやすいところを持っています。評価もしやすくなるからです。ところが慰謝料となると、物損のような評価ができません。身体的、精神的な苦痛に対する賠償請求となってくるからですが、どの程度の交通事故であったのか、それによってどんな被害が発生してしまい、将来にどのような問題が出てくるのかによって考えていかなければいけないでしょう。この評価をするのは、かなり難しいところが出てきます。

交渉交通事故で慰謝料の請求をする場合にも、ある程度の基準は存在しています。これまでの判例を基準とし、どの程度の損害といえるのかを考えていく方法です。ですが、これも基準でしかなく、内容によってはもっと大きな慰謝料を請求するべき場合もあるでしょう。ばらつきが出てくる部分ですが、判断はかなり難しいものになってきます。弁護士を入れて交渉をしていくのは、難航しやすい性格であることからも、確実に進めるための方法となるからです。

保険会社との交渉にもなってきますが、仕事である以上押さえようとしてきます。当然のことですが、ここで交渉しなければいけないのですから、専門家を通して話をするというのは、自分を守っていく方法となるでしょう。続いては、算定基準の問題について説明します。

Pocket